NBAファイナル!

NBAファイナル

 

 

 

 

 

 

 

バスケット界の頂点であるNBAファイナルが、現在開催されている。

 

 

 

40年ぶりの優勝を目指す、ゴールデンステイト・ウォリアーズと、
悲願の初優勝を目指す、クリーブランド・キャバリアーズ。

 

 

 

両チームともに絶対的なエースを持ち、ここまで勝ち上がってきた。

 

 

 

元NBA選手を父に持つ、ウォリアーズの、
ステファン・カリーとクレイ・トンプソン。

 

 

 

どこからでも得点を取れるこのデュオは、
現在NBA最高のバックコートとの呼び声高く、
スプラッシュ・ブラザーズの愛称で親しまれている。

 

 

 

2人を中心にベテラン・若手の層が厚く総合力で優位に立っている。

 

 

 

一方、レブロン・ジェームズという、”キング” と渾名される、
絶対的なエースを持つキャバリアーズは、とても対照的だ。

 

 

 

カイリー・アービング、ケビン・ラブという2人の主力をケガで欠き、
レブロンの超人的な活躍と、控え選手の奮闘あって、
ここまできたが、形勢不利なことは否めない。

 

 

 

それでも2勝2敗と互角の展開に持ち込んでいることは、
称賛に値するが、いかんせん疲労の色が濃い。

 

 

 

ここまで来ると、監督の力量を含めた総合力で、
決着がつく可能性が高い。

 

 

 

そういう意味では、選手としてNBA優勝を経験している、
ウォリアーズのスティーブ・カーコーチの采配の方が、理にかなっている。

 

 

 

選手層の厚さを活かし、状況に応じたラインナップを組めるからだ。

 

 

 

かたやキャバリアーズは、ショーン・マリオン、マイク・ミラーといった、
百戦錬磨のベテランを起用することなく、少ない人数でローテーションを回している。

 

 

 

これでは選手に疲労が溜まるのは当然だろう。

 

 

 

ここ10年で最高視聴率を記録しているなど、
盛り上がりを見せているNBAファイナル。最後に笑うのは誰だろうか。

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ